相対的にカラコントラブルは長期使用

カラコンのレンズのせいにしてはいけません

カラコンは、正しく使うとワンランク上のおしゃれを楽しめるものですが、間違った使用やずさんな管理では、目のトラブルを引き起こすことがあります。
カラコンは通常のコンタクトレンズと違って、着色部分の厚みが加わっています。カラコンは厚みのあるソフトレンズということになります。もともとソフトレンズは黒目に貼り付くような装着の仕方なので、レンズの動きが少なくなり、涙の交換がスムーズに行われません。
瞳は涙から酸素を得ているので、涙の交換があまりなければ、当然ながら目は酸素が得られにくくなります。また、ソフトレンズの素材は酸素を通しにくいものが多いので、カラコンの長時間の装着は、目に負担をかけてしまい、トラブルにつながりやすくなります。
カラコンのトラブルで多いのが、長時間装用だけでなく、使用期限を過ぎたカラコンの使用です。使用期限を過ぎると、カラコンが劣化して変形したり、破れたり欠けたりといった破損が起こりやすくなります。汚れが付着して落ちにくくなることもあります。気づかずに使用すると、黒目を傷付けたりといったトラブルの元となります。
使用期限を過ぎても一見使えそうに思えますが、必ず使用期限を守り、新しいものと交換しましょう。

 

絶対とは言えませんが、どのカラコンは質が悪いとか、そういうのの本質というのは、実は、レンズではなく、使用した人に問題があることのほうが圧倒的に多いのではないかということです。

 

特に1年使用を利用して、お手入れを徹底していないケースが考えられます。
タンパク除去も定期的にしたほうがいいですし、保存ケースも新調したほうがいいでしょう。
することは山ほどあります。
結局、自分で目の不調を感じるようになったら、絶対にカラコンはしないということ。
不調を感じていなくても、すでに目に障害が発生してる可能性もあります。
それを眼科で発見してもらうように努めなければいけないのです。